第5話「逆転の大革命」感想(クライン王国編)


第5話「逆転の大革命」


※ネタバレを多分に含みますので、未クリアの方はご注意下さい。

 

 

 

 

 

第5話クライン王国編の感想です。
いやー、今回は涙腺が崩壊する展開の連続で、ずっと涙を堪えながら進めておりました(苦笑)。
スピンオフや外伝、コラボを含めた全ての作品をプレイした自分でもこんなの初めてですよ……。

 

オドロキくんがラスボス……ガラン検事にトドメを刺すシーンを見た時は、
『逆転裁判4』の「‥‥オレには、コトバはなかった」から大きく成長したなぁ……としみじみしたものです。
本作はナルホドくんとオドロキくんのW主人公と銘打っていましたが、実質的にオドロキくんの物語でしたね。

 

第5話「逆転の大革命」
『4』から見てきた身としては感慨深いシーンでした。……ボイス付きじゃなかったのはちょっと残念だけど。

 

さて、第5話クライン王国編ですが、人質事件の黒幕がインガであることが初っ端から判明します。
まぁ、予想通りなんですけれど、それにしてもずいぶんあっさりと明かしちゃうんですね(苦笑)。

 

第5話「逆転の大革命」
飛行機に乗れないドゥルクのためにお膳立てしてくれる御剣検事。すっかり便利キャラと化してるなぁ(笑)。

 

そんなこんなでクライン王国に着いたオドロキくんたち。
ドゥルクがたった1人で霊廟に向かった時は死亡フラグかと思いましたが、まさかインガの方が殺されるとは……。
正直、この時点まではインガがラスボスかなと思っていたので、インガがここで退場するのはさすがに驚きました。

 

現場は完全なる密室ということで、当然ながらその現場に居合わせていたドゥルクが逮捕されてしまうのですが、
当の本人は逮捕されても相変わらずなので、妙な安心感がありましたね。……ドゥルクがあんなこと言うまでは。

 

第5話「逆転の大革命」
1週目の時はこれ見てなかったんですよね。2週目に見て「あぁ……」ってなりました。

 

調査はオドロキくんと心音ちゃん、ナルホドくんと御剣検事の2組に分かれて行うのですが、
こういった形での調査だからこそできるネタもあるので、なかなか面白いなと思いましたね。
同じ場所を調べた時のそれぞれのコメントがリンクしたりとか。

 

第5話「逆転の大革命」
やっぱりオドロキくんとコンビを組むと面白いな、心音ちゃん(笑)。

 

第5話「逆転の大革命」第5話「逆転の大革命」
心音ちゃん、よく疑われるのか(笑)。

 

第5話「逆転の大革命」
『逆転裁判4』では車にハネられても捻挫だけで済んだナルホドくんでも、腰だけは非常に弱かった模様。

 

第5話「逆転の大革命」
誕生日がハッキリしているキャラって、このシリーズではかなり珍しいですよね。

 

第5話「逆転の大革命」
着実に立てていくオドロキくん自立フラグ。

 

第5話「逆転の大革命」
オドロキくんと母親が生き別れになった理由も謎のままだったので、その辺もちゃんと触れてくれたことには賞賛を送りたい。

 

第5話「逆転の大革命」
オドロキくんパートでとある場所を調べてみると……まさかこんなところにまで試供されていたとは(笑)。

 

第5話「逆転の大革命」
正直、この時点ではまだ気づいてませんでした、ドゥルクの真実。2週目をやってる時の方がヤバかった……。

 

今回の裁判は、現在のインガ大臣殺害事件と23年前のアマラ暗殺事件、2つの事件を同時に審理するので、
とんでもないボリュームになりそうだなとは思っていましたが……本当にとんでもないボリュームでしたね。
ただ、ボリューム自体は別に文句はないんですけれど、日本編とクライン編を1話に詰め込んだばっかりに、
第5話のシナリオダイジェスト(※クリアしたシナリオを選ぶ時に表示されるイラスト)に日本編の要素がないのがなぁ……。
本作のシナリオダイジェストは気に入ってるものが多いだけに、日本編のシナリオダイジェストがないのは残念でなりません。

 

第5話「逆転の大革命」
クラインの法廷に立つオドロキくん。最初のPVでもクラインの法廷にいましたが、まさか本当にそうなるとはなぁ。

 

第5話「逆転の大革命」第5話「逆転の大革命」
劇的ビフォーアフター。

 

第5話「逆転の大革命」
ガラン検事の対決目線が怖ェ(汗)。

 

第5話「逆転の大革命」
法律そのものを変えるとか、ホントにもうやりたい放題だな……。

 

今回の託宣は慣れてきたこともあってか、前回ほど悩むことはなかったですね。
まぁ、そもそも前回……というより祭司の託宣が難しすぎたんですが(苦笑)。

 

第5話「逆転の大革命」
不正解じゃないけど正解でもない感覚を指摘した場合はペナルティなしでやり直しに。細かいなぁ。

 

第5話「逆転の大革命」
相貌失認という症状が実際にあることを本作をやって初めて知りました(苦笑)。

 

レイファ様が目撃したインガ大臣は霊媒された死者ではないかと考えるオドロキくんは真宵ちゃんを召喚。
ナルホドくんは真宵ちゃんがそんなことするはずがないと真宵ちゃんの容疑に疑問を抱いているのに対し、
オドロキくんは真宵ちゃんとはこれまで一度も面識がなかったこともあってか割と容赦なく追求していて、
この辺は2人の違いがよく表れていましたね。

 

そして真宵ちゃんの次に召喚されたバアヤですが……霊媒ならまだしも、
ただの変装であそこまで化けられるとかとんでもないですね、アマラ様。
ガラン検事といい、ビフォーアフターの差が激しすぎでしょう(苦笑)。

 

第5話「逆転の大革命」第5話「逆転の大革命」
初対面となるオドロキくんと真宵ちゃん。

 

第5話「逆転の大革命」
インガ大臣のフルネーム。……こんなん覚えられるか(苦笑)!

 

第5話「逆転の大革命」第5話「逆転の大革命」
劇的ビフォーアフターその2。

 

アマラ様の尋問によって明らかになった、オドロキくんにとって受け入れ難い真実。
自分もその真実に至るまで気づかなかったので、ショックが大きかったですね……。
涙腺が崩壊しそうになって、ボタンを押すのが非常にツラかったなぁ、ホント……。

 

第5話「逆転の大革命」

 

第5話「逆転の大革命」

 

第5話「逆転の大革命」
‥‥‥‥ぐッ!

 

第5話「逆転の大革命」
ガンッ!!

 

第5話「逆転の大革命」
く‥…くそおおおおおおおおおおお
おおおおおおおおおおおおおおお!

 

絶望に打ちひしがれそうになるも、ドゥルクの「龍は屈せず」を胸に、再び立ち上がるオドロキくん。
『逆転裁判5』をプレイした時も思ったのですが、オドロキくんって本当にメンタル強いよなぁ……。

 

第5話「逆転の大革命」第5話「逆転の大革命」
この辺が涙腺崩壊のピークだった気がする。

 

最後の「みぬく」なんですけど、あそこで苦労した人って結構多かったんですね……。
というのも、自分は始めてすぐに気づいたので、難しいとは思えなかったんですよね。
でも、改めてアマラ様のクセを見てみると、確かにあれは動きが微細すぎて気づきにくいかも……。

 

ともあれ、オドロキくんがアマラ様のクセを見抜いたことで状況が変わり、真犯人がガラン検事であることを突き止めます。
しかし、ガラン検事はあらゆる方法を用いて罪から逃れようとし、それどころか(文字通り)絶体絶命の危機に陥りますが、
それでも諦めないオドロキくんは状況を打破する方法を考えます。いやー、カンガエルートが来た時はスゴく燃えましたね!
演出が良いというのもありますが、何よりタイミングが絶妙すぎると言いますか。最後のあれは思わず吹きましたが(笑)。

 

第5話「逆転の大革命」第5話「逆転の大革命」
シリアスな場面のはずなのに思わず吹いてしまう(笑)。

 

第5話「逆転の大革命」
オドロキくんの父親の託宣。……実は霊媒の方を期待していたのは内緒です(笑)。

 

第5話「逆転の大革命」
この後の展開からして間違ってはいないような(笑)。

 

第5話「逆転の大革命」第5話「逆転の大革命」
ブーメラン発言、公開処刑、そして親衛隊……と、ネタにも事欠かないですね、このラスボス(笑)。

 

第5話「逆転の大革命」
共にクラインの司法を立て直さないかと提案するナユタ検事。そして……。

 

第5話「逆転の大革命」
クライン残留を選んだオドロキくん。心音ちゃんとのコンビ、もっと見たかったなぁ。

 

第5話「逆転の大革命」
最後に登場する「???」が誰なのかは、『逆転裁判4』をやっている人なら分かりますよね。

 

第5話「逆転の大革命」
超多忙な日々を送るオドロキくん。過労死しないか心配なんですが(汗)。まぁ、何はともあれ……。

 

第5話「逆転の大革命」
王泥喜法介の物語の完結編と呼べるに相応しい、素晴らしい作品でした!

 

 

 

 

 

>>第1話「逆転の異邦人」感想
>>第2話「逆転マジックショー」感想
>>第3話「逆転の儀式」感想
>>第4話「逆転寄席」感想
>>第5話「逆転の大革命」感想(日本編)
>>第5話「逆転の大革命」感想(クライン王国編)



もどる


inserted by FC2 system